Monacoinについてそのうち書こうと思ったのにタイミングを逃してたぽい件 #monacoin

使える所っていう面で少し難はあるけど、やっぱり日本初って面で応援したいとは思うのは正直な所で。
日本語表記としてはモナ-コインで、モナ-というのはご存じの方はご存じかもしれないけど、匿名掲示板の2ちゃんねるでのアスキーアートでよく使われている「モナ-」という猫のようなキャラクターの名前から。

公式的には、著作権者がみつかってないって形のようで、ビジネスで利用する際は2ちゃんねる自体が窓口になっているケースの多いキャラクターのようです。
もちろん、「2ちゃんねる独特の雰囲気に名乗り出る事ができず、第三者を通して自分が著作権者だというのを主張している人がいるらしい」なんて話もあるけど、その辺の話はよく知りませんし、やると脱線が長くなりそうですのでたぶんやりません。

システム上の話をすると、Bitcoinを代表とするP2P通貨の中の一つであり、Bitcoinの亜種として誕生したLitecoinというコインをベースに派生したモノがMonaCoinという事のようです。

一部で有名になったりした関係で、採掘(マイニング)の難易度が当初よりも高まっているようですが、それでも家庭用PCではほぼ不可能なBitcoinや他の暗号通貨に比べて掘りやすい「らしく」、入門用として好まれているんだとか。

あと、まだ始まったばかりだからかも知れないけども、P2P通貨の一種だけに、同様に送金が完了するまでのタイムラグはあるのだけど、それでも10分もあれば大体完了しているし、早ければ数分以内(分じゃない時もあったような)とBitcoinに比べると相当早いように感じる。(もちろん、Bitcoinも早いときは早いし、手数料を多く積めば速度は上がるのだけど。)

「使える所って面で少し難がある」と冒頭で書いたけど、その使える所に関しても日々増えてきています。その辺はMonalink(サイト閉鎖)あたりを見た方がいいんだろうけど、そのうちその冒頭も取っ払って良い事になるかもしれないし、できればそっちの方に進んで欲しいなぁ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です